So-net無料ブログ作成

玉城ティナ、伊藤健太郎を「クソムシが」と罵倒!? 超問題作 ・映画『惡の華』 [芸能ニュース]












累計発行部数300万部を記録する押見修造の人気コミックを原作とした、映画『惡の華』の公開日が9月27日に決定。また、特報とティザービジュアルも完成した。



「変態」というワードが散りばめられた特報は、原作でも印象的な「うっせー、クソムシが」という強烈なセリフと、玉城ティナ演じる孤高のヒロイン、仲村佐和の鋭い眼光で始まります。この映像には、俳優・伊藤健太郎演じる春日高男が、ひょんなことから憧れている女子の体操着の匂いを嗅ぐ姿や、大雨の中半裸で雄叫びを上げる姿が収められている。











nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
カワイイ!キレイ!女子力をアップしよう♪