So-net無料ブログ作成

小栗旬(太宰治)が宮沢りえ、沢尻エリカ、二階堂ふみと命がけの恋/映画「人間失格」 [芸能ニュース]











太宰治の遺作である「人間失格」を、小栗旬主演×蜷川実花監督で映画化する『人間失格 太宰治と3人の女たち』。太宰を愛した3人の女たちを、宮沢りえ、沢尻エリカ、二階堂ふみが演じることも話題のこの映画の特報とティザービジュアルが解禁となった。



「走れメロス」や「斜陽」など、多くのベストセラー作品を生み出した太宰は、身重の妻・美知子と2人の子どもがいながらも、恋の噂が絶えず、さらには自殺未遂を繰り返すという破天荒な生活を送った果てに、愛人と川に身を投げる。この大スターのトップスキャンダルは、当時センセーショナルな事件として注目を集めたが、その裏に隠された彼の“本当の人生”と、彼をめぐる“3人の女との恋と愛”の物語は誰も知ることがなかった。



本作は、そんな太宰が記した「人間失格」という原作をもとに、その誕生秘話を太宰自身と彼を愛した3人の女たちの目線からフィクションとして映画化。『さくらん』『ヘルタースケルター』の蜷川監督がメガホンをとり、小栗が主人公の太宰治。また、宮沢が太宰の正妻・津島美知子、沢尻が太宰の愛人で弟子でもある作家・太田静子、二階堂が太宰の愛人で最後の女・山崎富栄に扮する。



解禁となった特報は「人間はね、恋と革命のために生まれてきた」という太宰(小栗旬)の名言からスタート。次いで「天才作家・太宰治と、彼を愛した3人の女」というナレーションとともに、正妻・美知子(宮沢りえ)、愛人・静子(沢尻エリカ)、愛人・富栄(二階堂ふみ)と戯れる太宰の姿が映し出されていく。さらに「あの傑作は、こうして生まれた」とナレーションが続き、それにあわせて愛人との修羅場などが登場。最後は太宰の「死ぬかと思った」というセリフとともにタイトルがコールされて終了する。



また、同時に解禁となったティザービジュアルは、口元についた“赤い何か”を手の甲で拭う、思わせぶりでセクシーな太宰と、彼をめぐる3人の女性たちの姿をレイアウトしたもの。「禁断の恋。ヤバい実話。」というコピーの通り、誰も見たことがない太宰と女たちの“究極の恋”に期待感が高まるビジュアルとなっている。



『人間失格 太宰治と3人の女たち』は9月13日より全国公開となる。



トレンドに乗れない人が相場に勝つための秘密の投資法
↑  ↑  ↑ 無料プレゼント!!




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
カワイイ!キレイ!女子力をアップしよう♪